2019年09月19日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 若山牧水は酒豪でした。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、クローズアップ画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)画像に含まれている可能性があるもの:草、屋外、自然                『白玉の歯にしみ通る秋の夜の 酒は静かに飲むべかりけり』
冠婚葬祭、うれしい時、悲しい時私達は お酒を飲みます。
放浪の歌人若山牧水も こよなくおさけを 愛した一人です。宮崎県日向市に 医者の長男として生まれ 家族の反対路押し切って、早稲田大学に 進みました。牧水にとっての、文学の故郷(現、宮崎県立延岡高校)には 国民的歌人の遺徳をしのんで胸像と、歌碑が有ります。
『幾山河、越え去り行かば 寂しさの 果てなむ国ぞ 今日も旅行く』
僅か43才の生涯で 旅先には 260くらいの歌碑が 有ると言われ 未発表の作品は9000首に及んでいます。牧水がいかに旅を愛し、人気を博したかが うかがえます。当時は流行の与謝野晶子などの 浪漫派歌人と違い、その時々思いついた事、情景が浮かぶ 世界観を 表現した 自然主義文学は 人々の心を打ちました。
『白鳥は悲しからずや、空の青、海の青にも染まず漂う』
牧水は、大層な酒豪で、一日1升もの さけを飲んだと言われ
肝硬変を患って 静岡の自宅で43才で 没したという事です。
9月17日 月命日です。  小林昭男

2019年09月14日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 朝夕涼しくなりました、夜空を見上げてみましょう。

久しぶりに夜空が 澄んで見えました。南の空は、あの大きな月(ほぼ満月)が 輝いていますので、星は良く 見えませんので、北の空を 見てみましょう。
中間より上に(M)の足が開いた形の カシオペア座が見え その下の 中間地点に、北極星(ポラリス)が小さく チカチカ光って居ます。北極星の右側、北東方向に やや黄色の大きな星が 御者座のカペラです。もっと右を見ると(真東)少し赤い巨星 アルデバランが 綺麗に見えます。
カペラは、太陽の直径の9倍、質量は3ばいくらいです。
太陽系からは、42.92光年離れていますが、表面温度が 太陽と同じ6000℃ですので、黄色がかって見えます。
21個の、一等星の中でも 割合、下に位置しているので、地球の 大気の影響を受け、揺らいでキラキラ光って見えます。方角によって 光り方が違うので、2重星、4重星の様です。
この頃から空気が乾燥し、澄んでくるので、夜空を見上げるのも、目の保養になると思います。写真は図鑑参照    小林昭男
上左:御者座 上中:カペラ 上右:アルデバランと、太陽の比較下左:太陽プロミネンス
下右:カシオペア
写真の説明はありません。画像に含まれている可能性があるもの:夜写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

2019年09月11日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 家康は、要所を固めるのが得意でした。

写真の説明はありません。画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、たそがれ、屋外画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外1600年、関ケ原の合戦で、日本は一変し戦国時代に 概ね終りを告げました。徳川家康は 江戸の幕府を開くため 奥州を固め、秀頼、淀君のいる 大阪を孤立させるため いろいろの 策を講じました。
その一つが 篠山城の築城でした。1609年 西軍と、大阪を切り離すため 中間地点の要所 丹波篠山盆地に 築城の名手を自認する藤堂高虎に、縄張りを 普請奉行には 重臣、池田輝政を指名
 西軍の大名を使い 天下普請(西軍の外様大名に人員、費用を負担させる)を実行し 15の国、20名の大名に 篠山城を 築城させました。静かな田園が広がる里山に 豊臣家と、最後の決戦を 見据えた家康は 軍事上極めて重要な 位置に 堅固な 高石垣を施し 豊臣家、および西軍に にらみを利かした城です。
初代城主には 実子、松平康重を置くなど家康の、真剣みが、うかがえます。その後、青山家が6万石で入城し 明治まで存続しています。二条城の御殿を まねしたと言われる、大書院は 昭和19年、焼失しましたが(平成12年復元)石垣は現存しています。
石垣には、刻印があり、天下普請の様子が解ります。
工学博士、内藤昌氏著書参照    小林昭男

2019年09月06日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) ムクドリの夫婦は仲良しです。

ムクドリは、里山や、農耕地から 人間に追われて 都会に来た可哀そうな 鳥だと思います。色が綺麗、鳴き声が良いと 好かれるけれど、あの、いろ、形ではあまり 好かれていません。公園の樹木や 人家の軒先に巣を造り 嫌われます。
でも、ムクドリ夫婦と子供4羽で一年に 100万匹以上の 虫を 食べてくれるので、本当は益鳥です。人間が害虫を駆除するのに かかる費用を、一匹、1円とすると 年間100万円以上も 人間のために なっています(この金額は、検証資料が あまり無く 不確定です)
繁殖期(春から夏)を過ぎると 巣から離れ、団体行動をし 10万羽も 集まる事も あるそうです。
一晩中あの、ぎゅるぎゅる、ギャーギャー、時にはミチュ、ミチュ 鳴かれては タマッタものでは有りません。
日本の文学には時々登場し、冬の季語に なって居ます。
江戸っ子は、奥州や、北陸地方から 冬に出稼ぎに来る人達を喧しい、田舎者と言う意味で、ムクドリが来たと 言ったそうです。小林一茶も 故郷信州から出てきたときの 屈辱を(ムクドリと、人に呼ばれる 寒さかな)と俳句に残しています。
ムクドリも、鳥の大きさを測る鳥として、スズメ、ムクドリ、ヒヨドリ、ハト、カラス等と一緒に活躍しています。
例えば スズメより大きいが、ムクドリより小さいとか ハトより大きいが、カラスより小さいと 大きさを表現します。
この鳥も、よく見ると可愛いですね。(写真は、動物図鑑参照)  小林昭男

画像に含まれている可能性があるもの:空、鳥、屋外画像に含まれている可能性があるもの:鳥画像に含まれている可能性があるもの:1人、植物、鳥、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:鳥、空、屋外画像に含まれている可能性があるもの:鳥

2019年09月05日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 島崎藤村の、若菜集 初恋です。

まだ上げ初(そ)めし前髪の 林檎のもとに見えし時 前にさしたる 花櫛の 花ある君と 思いけり』
島崎藤村は、岐阜県馬籠村(現、中津川市)の代々庄屋を務める旧家に生まれ、父は国学者でした。明治大学院を卒業後、明治諸学校の教師になり 島村透谷らと、雑誌(文學界)に  詩や随筆を 投稿していました。明治三十年(25才)の時  若菜集を発表 浪漫的な 新詩集として、脚光を浴びました。
その詩集の中の 初恋 の一節です。学生時代に、暗記させられた 文章ですよね。
『優しく、白き手を伸べて 林檎を我に 与えしは 薄紅(くれない)の秋の実に 人こい初めし はじめなり』
しかし 小諸義塾の教師として 小諸に,赴任したころから 長編小説(破壊)などを発表し 自然主義文学の分野に 進出し 絶賛されました。
『リンゴ畑の樹の下に おのずからなる細道は 誰(た)が ふみそめし かたみぞと 問いたまふこそ こいしけれ』
小説は あまり多く書いていませんが 我が家の 没落をかいた(家) 江戸末期から、明治に入いれ、時代についていけない島崎家をかいた(夜明け前) 自分と,姪の許されない関係を書いた(新生) 晩年には 日本ペンクラブ初代会長になるなど 日本文学に貢献し (1943年)昭和18年8月22日 70才で大磯の自宅で 亡くなりました。亡くなる時の最後の言葉が(涼しい風だね)と言ったそうです。如何にも、文学者の 最後の言葉の様ですね。小林昭男

2019年08月30日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 里の秋は心に残る素晴らしい童謡です

静かな静かな 里の秋 お背戸に木の実の 落ちる夜は ああ母さんとただ二人 栗の実煮てます 囲炉裏端
昭和20年12月24日 引き上げ擁護局の挨拶の後 川田正子が歌いました。NHKのラジオ担当者も、あまりに良い歌なので、スタジオが一瞬静まり返ったそうです。その後もNHKに感動の便りが 山のように届いたそうです。
『明るい明るい星の空 鳴き鳴き夜カモの渡る夜は
ああ、父さんのあの笑顔 栗の実 食べては 思い出す』
作詞家、斎藤信夫は 千葉県山武市で 小学校の教師をしていました。終戦を以って、自分の教育が 間違っていたことを悟り 教師を辞めた 気骨のある人です。以降、10000有余の童謡の 作詞をしています。
『さよならさよなら、ヤシの島 お船に揺られて 帰られる
ああ父さんよ ご無事でと 今夜も 母さんと祈ります。
日本の敗戦の後、母と子供達で 何万人の人が お父さんの帰りを待っていたのでしょうか。文面から言って、南太平洋に行って おられたと思います。
作曲した方は、海沼實(みのる)現、東京音楽大学、在学中に
音羽ゆりかご会を 設立し 川田正子、孝子、美智子、3兄弟を育てたほか 沢山の童謡歌手を世に出しました。
私が小学校の頃は唱歌や、童謡しか 歌が無かったので、いつも 歌っていたような気がします。注:お背戸 家の裏木戸の事   小林昭男

画像に含まれている可能性があるもの:水上 茂、眼鏡画像に含まれている可能性があるもの:1人、眼鏡画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:花、植物、自然

 

2019年08月30日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 世界一が3か所も有ります。

処暑も過ぎて 暑さの峠も越えました。人間が居住する所で 一番熱い所が、アフリカ大陸に有ります。
エチオピアの 北東部に広がる砂漠、ダナキル砂漠です。真夏には50℃近くになる地域は 高温限界地域で ギネスにも載って居ます。
この地域は世界一が いくつも有る事でも有名です。その高温と、海抜マイナス100mを切る アファール盆地でも有名です。
陸地では 火口が最も低い ダロール火山 海抜マイナス45m~50mの所に噴火口が 有るそうです。この火山の噴出物は、主に 塩分、硫黄、カリウムなどを含む 熱湯が噴き出し 黄色や 緑などの 鮮やかな 結晶を生み出し、不思議な結晶や、カラフルな色で、地面を 覆いつくしているそうです。
産業と言えば、塩の塊を ラクダにつけて、首都へ運ぶ仕事しか有りません。最近は観光にも力を入れているそうです。
高台から見ると、目を奪う 荘厳な景色が 飛び込んでくるそうです。行ってみたいですね。   小林昭男

画像に含まれている可能性があるもの:自然、屋外画像に含まれている可能性があるもの:屋外、水、自然画像に含まれている可能性があるもの:海、空、屋外、自然、水画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、屋外   

上:エルタアレ火山

2019年08月25日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 丸亀城の修理準備が完了しました。

昨年の台風24号や、豪雨により石垣が一部崩壊した『丸亀城』の 作業準備が完了し 2024年3月完成を目指して 動き出しました。
城の始まりは 室町時代の初期、細川家の家臣 奈良元安が標高66mの亀山に 砦を築いたのが始まりだと言われています。
安土、豊臣政権の時 生駒親正が17万石で、高松城の支城として 当地に本格的な 城を造ったそうです。
蓬莱城とも言われ 石垣の高さを 誇って居ます。石垣は豪快な野面積みで、山頂まで四重に重ね 下から60mに達します。大阪城の石垣が、33m、上野城が30mですので、石垣では日本一になります。
こんな文化財が、豪雨の為 帯曲輪と。その上部の 三の丸の坤櫓(ひつじさるやぐら)が崩れ現在では、グルーシートが張られています。
江戸時代、一国一城で 本来ならば 取り壊される運命でしたが 瀬戸内海の島々にいる キリシタンを押さえ込む為に、取りつぶしを 免れたそうです。
貴重な文化財、国の宝を早く、立派に直して いただきたいものです。 小林昭男

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:空、植物、木、屋外、自然画像に含まれている可能性があるもの:屋外

2019年08月21日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 石川啄木の詩は解りやすいのが特徴です。

神童と言われて 幼児期を過ごした、石川啄木は 明治31年、現在の盛岡第一高校に入学 金田一京助と知りい 与謝野晶子の短歌に傾倒したのも この頃でした。明治35年文學を志し 上京『明星』の同人になるも 病気で帰郷しました。 『東海の小島の磯の白浜に 我泣きぬれてカニとたわむる。』

19才で結婚、渋民尋常小学校の教員になりましたが、新しい世界を夢見て、北海道に渡り 新聞記者などをしていました。 『戯(たわむ)れに母を背負いてそのあまり 軽きに泣いて三歩歩めず』

明治43年 第一回の詩集 一握の砂 を発刊したのです。 『人が皆 われより偉く見ゆる日よ 花を買いて妻と親しむ』

この頃から啄木を病魔が蝕み 肺結核と、腹膜炎を併発 26才の若さで、亡くなりました。
上右:金田一京助と。 小林昭男

 

 

2019年08月20日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) カワラヒワ、どこにでもいます。

玉を転がす様な囀りで、思わず電線を見ると カワラヒワが 止まってることがある。日本どこにでもいるこの鳥は、キリコロロロビイーンと鳴く。止まっていると、茶褐色で見えにくいが、舞い上がると 目の覚める様な黄色が目立つ。ピンク色のくちばしは、頑丈で ヒマワリの身を剥いて、食べてます。通常は、木や草の実が常食ですが 子育ての時は、虫や、幼虫を巣に運びます。鶸(ひわ)は弱い偏に、鳥ですから
弱弱しい鳥と言う意味です。雑草の生えている河原に集団で集まり、種子どを食べているので 名前の基に なったようです。写真は図鑑を参照にしました。   小林昭男

画像に含まれている可能性があるもの:鳥画像に含まれている可能性があるもの:花、鳥、自然画像に含まれている可能性があるもの:鳥
画像に含まれている可能性があるもの:空、鳥画像に含まれている可能性があるもの:鳥