月別アーカイブ: 2019年4月

2019年04月30日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 35年ぶりに発見されて哺乳類です。


ネコ目の 肉食哺乳動物は、殆ど発見されていますが、5年前 35年ぶりに アンデス山脈の奥地で、発見されたのが【オリンギート】です。

体は、ふわふわした 短い毛で覆われ 丸顔の大きな目が特徴です。世界中の 動物研究者たちは、小躍りして喜びました。
コロンビアとエクアドルの、深い森で 樹上生活をし、夜行性だったので 発券が遅れたそうです。
肉食哺乳類と言っても、アライグマ科ネコ目 ですので肉食獣に なるそうですが、イチジク等の 果物しかたべません。(パンダも肉食哺乳類ですが竹しか食べない)
オッパイが一対有るので、多分繁殖は一匹だと推定されています。
研究責任者で 米国スミソニアン国立自然史博物館、哺乳類担当 クリストファーヘルゲン教授は 『20世紀過ぎてしまったが、発見の世紀は まだまだ続く。この素晴らしいオリンギートは 華々しい成果だ。新種は今後も 数多く見つかるだろう』と言っています。但し、動物園には 来られないと思います。可愛いですね。小林昭男

2019年04月27日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 戦場写真家 沢田教一


最近は、世界のあらゆる地域で 爆発テロが起こっています。宗教が違うのか、政府に不満が有るのか それぞれ、言い分が有るとは思いますが 悲惨な光景を見るたびに、なぜ、同じ 人間同士で、殺し合いをするか、理解できません。

先日 沢田教一の 写真集を見ました、ベトナム戦争の悲惨な光景に 思わず目を 背けてしまいました。
沢田教一と言えば、皆さんご存知の 世界報道コンテスト大賞、アメリカ海外記者クラブ賞、ピューリッツアー賞など 大賞を総なめにした 戦場写真家です。
小学校の時から 写真に興味を持ち、中学生の時、アルバイトで稼いで 中古のカメラを買い、あまりにも熱心なので、教師から 新品のミノルタ製6×6㎝をもらったほどでした。
青森市内の小島写真店に就職してから、頭角を表わし 愛用のライカH2で サンケイ新聞、UPI通信などで 活躍したそうです。
縁あって、ベトナム戦争の 取材を決意し 戦場カメラマンになり、いくつもの瞬間写真で 大賞を撮ったたのです。
しかし、プノンペン支局長らと、国道2号戦場で、何者かに狙撃され 34才の若さで亡くなりました。愛用のライカも 腕時計も無くなっていたそうです。地球上から戦争が無くなることを 祈るばかりです。  小林昭男

2019年04月25日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 散歩の途中で見つけました。

 
私の散歩コースに、貸農園が有りますが 少し荒れていました。造り手が、病気か、引っ越したのでしょう、寂しそうに 花が咲いていました。近づいて観ると、大根の花とか、その他、見たことのない 野菜の花が 咲いていました。

私達は、実が、熟さない内や、花の咲く前に 収穫するので、なかなか見られない 花でしたので、写してきました。皆、 それぞれ、可愛く、一生懸命 咲いていたような 気が致しました。
私も、庭の一部で 家庭菜園をしています。苗から育てていると、いとおしくて、食べるのが 申し訳ない様な 気がしますが 新鮮な野菜は、食べてみると 美味しいですね。 左:大根の花 ネギ坊主 西洋野菜 菜の花  矢車草
小林昭男

2019年04月22日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 紙幣が5000円(樋口一葉)交代ですね。


5000円札、折角 樋口一葉だったのに 変わってしまいますね。一葉は 東京都千代田区で生まれましたが、ご両親は山梨県出身です。有名な【たけくらべ】は明治28年雑誌(文學界)に 一年かけて連載されました。父親や、兄が次々に亡くなって、生活苦の中で、青春を過ごしました。この作品を書く前、家族と共に 龍泉寺町の 長屋に引っ越し、雑貨や、玩具の店をはじもましたが、商売が思わしくなく 本郷丸山福山町に引っ越し そこで本格的に 小説を書き始めたそうです。龍泉寺町の生活の中で、(たけくらべ)は生まれて様です。

明治29年から、14か月の間に (おおつごもり)(たけくらべ)(にごりえ)(十三夜)(わかれ道)など 次々に代表作を発表、中でも(たけくらべ)は 森鴎外や、倖田露伴に 絶賛されました。
(たけくらべ)は 女郎になる運命の 美登利と僧侶の息子、信如少年との 純粋な心の触れ合いや、下町で暮らす、当時の子供たちの 生活や遊びが 生き生きと描かれ 一般の小説が少なかった時代、脚光を浴びたそうです。 又、歌人としても有名で、夏子と言う ペンネームで、4000首あまりの、詩を詠んでいます。いろいろな苦労が重なって、25才の若さで亡くなりました。
小林昭男

2019年04月18日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 磯野家は、一般的な家庭生活を営んでいます。


ザエさんは、一般庶民の 典型的な漫画ですね。磯野家は 自分の身の丈にあった 生活をしています。決して背伸びをしたり、無理はしていません。贅沢を少し しようとしても、借金してまでしません。

それでは、当主、波平の給料はいくらだったんでしょう。
昭和42年当時の波平は 税込み7万円でした(47巻81P参照)
その時代、55才の平均的給料は、男性で 6万7千4百円ですので、決して高くは 有りませんが 並みの給料です。
一方マスオさんは、昭和40年当時 32才で 3万4千円でした。
同じく、当時の平均月収は 5万4千円ですが、マスオさんは、手取りでしたので(45巻13p参照)決して 安くはないはずです。その外、ボーナスも出ているので、生活は楽だったと思います。サザエさんは、36巻になると パートに出ますが、例によって、長続きはしない様でした(44巻参照)
サザエさんが、夜、家計簿をつけ乍ら、【44巻9P)今月も一円も残らないと、嘆くシーンが有りますが、世田谷の家は 自己住宅なので 家賃はいりません。 その当時としては 中の上位いでは なかったかと思います。(給料計算は職種別民間給与実態調査)による。小林昭男

2019年04月17日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 晴れた夜には星空を見ましょう。


夜8時、北斗七星が北の空、豪快に輝きます。その柄の部分の 延長線上に(真東中段)オレンジ色の星、牛飼い座アルクトウルスが見えます。さらに延長しると、おとめ座スピカが、青白く輝いています。 この二つの星を夫婦星と呼んで、親しまれています。この二つの星を底辺に、しし座の デネボラ(白っぽい2等星)を 春の大三角と呼び、見つけやすい 位置に有ります。

アルクトウルスは、地球から40光年離れていて、直径が太陽の24倍ありますが、表面温度が4600℃と低いので オレンジ色に見えるわけです。一方、おとめ座のスピカは 地球から260光年鳴慣れていて(今の光は江戸時代の中ごろ)直径が太陽の8倍(地球の872倍)あり 表面温度はなんと、22000℃在りますので青白く光っています。夫婦星と言っても、こんなに離れているので(1光年:9兆5千億Km)夫婦関係は、希薄なのかも知れません。((笑)
だんだん温かくなってきました。ちょっとベランダへ出て、雄大な宇宙のストーリーを 覗いてみては いかがでしょうか.  北斗七星からの延長 アルクトウルス おとめ座 スピカ 春の、大三角   小林昭男

2019年04月16日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 2000Kmの旅を終えて帰ってきました。


4月から 5月にかけて、渡り鳥の交代が 進んでいます。冬鳥の、ジョウビタキや、ツグミは、北へ帰る 準備をしています。 今日は、朝の散歩の折、ツバメが数羽、十郎側の上を 飛んでいました。東南アジア方面から 2000Kmの旅を終わり、我が故郷に 帰って来たのでしょう。数日前から コイも産卵のため、濁川方面から上ってきました。

5月の長い連休の 終わりころから、バードウイークが始まり、小中学生や、野鳥の会の人たちが、巣箱を散りつけます。
でも、鳥の巣は、私達人間と違い (家)ハウスでは ありません。産院なんです。家族でくつろいだり、その巣から、遊びに 行ったりはしません。卵を産み、生まれた雛に 餌を運び、巣立ちをすれば、その巣に戻りません。ですから、卵を産んだ後に 巣箱をとりつくても、野鳥は、住んでくれないのです。
理屈はさておき、寒い冬、人間は、暖房の部屋で暖かく過ごします。一部の動物は、冬眠します。昆虫は、卵や蛹で じっと冬を 越します。でも、一部の鳥は、渡りを考え、暖かい地方に移り、寒さを しのいでいます。渡り鳥で一番危険なのが、2000Kmもの渡りの途中で、弱い鳥は 自然淘汰されます。 強い逞しい鳥だけが 生き残る様になっているんですね。
子孫を残すのは、強い丈夫なものに 資格があるんですね。
我が家のコブシも やって満開になりました。  小林昭男

2019年04月13日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 桜が、はらはらと散っています。


昨日の天候と 打って変わり、今日は穏やかに晴れ、気温も上昇しています。きっと1100年前も 同じような天候だったのでしょうね。

『ひさかたの 光のどけき 春の日に 静、心無く 花の散るらむ。』
紀の友則の代表作ですね。
ひさかたのは、(光)の枕詞 (こんなに日光が、穏やかに 差し込んでいるのに なぜ、桜は、落ち着きなく、はらはらと散っているのでしょう。)こんな歌だと思います。
紀の友則は、ご存知の 紀貫之(土佐日記)の従兄弟です。
官位は あまり高くはなかったようですが、歌人としては  宇多天皇が、親王の頃、近習として、お傍に 仕えています。
古今集の撰者で、三十六歌仙の一人でもあり 古今集には  四十七首 収録され、貫之、躬恒に次いで 3位です。古今和歌集の 撰者に任命されてから、間もなき病に倒れました 享年、50才有余だったそうです。  小林昭男

2019年04月13日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 風誘う花よりも我はまた・・・内匠頭の辞世の詩です。

 

 


今日の風で、せっかく咲いた満開の桜が はらはらと 散り始めました。

『風誘う、花よりもなお我は又 春の名残を、如何にとやせん。』

ご存知の 浅野内匠頭長矩の辞世の句です。この、(春の名残を如何にとやせん)を読んだ 大石内蔵助は、殿の無念を晴らすため、仇討ちを 決意したと言われています。
元禄14年4月(1701年4月17日)殿中、松の廊下で、いじわるされた、吉良上野之介に 刃傷に及びました。(後、一太刀と懇願したのですが、梶川頼照に抑えられ、幕府の命により  一関藩、田村邸(芝愛宕下、現港区新橋)で切腹したのです。
浅野内匠頭は 9才で赤穂の城の 家督を継いだので、我慢、忍耐が 足りなかったのでしょうね。
でも、元禄の平和な時代、47人もの武装した人たちが、敵討ちを したんですから、スゴイ事件だったんでしょうね。   小林昭男

2019年04月10日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 天気も、気分も最高に日になりました。


今日は素敵な事が有りました。  夕べの風の影響で、空が澄み渡って居ました。透き通る青い空、こんなに空気が美味しいとは 思いませんでした。それにも増して 山梨学院大学の生徒が、いくつもの グループにわかれて、(早朝のゴミ拾い)をしていました。学院大学の北側は、旧20号線、南側は、新青沼通り、回りはいくつもの、農道に 囲まれています。

(『お早う)と声を掛けると 大きな声で、『お早うございます』と 礼儀正しい、声が帰ってきました。
先日も、テレビで放映しましたが、外国に行って、負けた試合なのに、試合後 日本人の選手、観客が スタンドのゴミ拾いをして、世界中の 称賛を呼びました。
まだまだ日本人 捨てたもんではない様ですね。
山梨学院大学の生徒、あっぱれでした。座布団10枚です。 小林昭男