月別アーカイブ: 2018年6月

2018年06月27日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 一飛びに、ひとどは闇に 帰りけり。(芭蕉)ひとど=カマドウマ

自分の家や 巣を持たなくて、ここが俺の住処(すみか)だ と言っている昆虫が殆んどです。最近あまり見なくなった(カマドウマ)もその仲間です。暗い森林や 木の洞にいましたが、人家が増えていたので、勝手に 入り込みました。食べ物はあるし、かまど周りは、温かいし 天敵はいないし、最高の住処です。
コウロギの 仲間ですが、羽根は退化して無く、その代わり長い触角が発達しました。しかし、ゴキブリと同様、何にも悪い事をしないのに、ただ 気持ち悪いと言うだけで 人間には 嫌われ者です。名前の語源は、馬の様にはね、竃(かまど)近くに いるからだと思います。
人飛びに、いとどは闇に、返りけり。(松尾芭蕉)と 芭蕉は親しみを込めて歌っています。(いとど=ゴキブリ)
家の中ばかりでは無く 大きな洞窟に住んでいるものも います。秋吉台や、龍河洞などの 石灰岩でできた 洞窟を 特に好みます。温度変化がなく、ミネラル分が豊富にあり 湿度も均一です。しかし まっ暗闇ですので、その場所に適合し 目は退化して ほとんど見えず、触角が異常に、発達したと考えられます。こんな暗い じめじめした洞窟が 彼らにとって、一番住みやすい、安全な お城かも知れませんね。     フレンズ小林

2018年06月27日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 戦国時代は北条家に始まり、北条家で終わる。

小田原城を観察してみました。大久保家11万石の居城です。城の紀元は はっきりしていませんが、相模の豪族 小早川遠平が、縄張りをしたようです。その後、1417年駿河領主、大森頼春、を経て、北条早雲が居城としました。戦国時代は、北条家に始まり、北条家で 終わりを告げたと言われています。
武田信玄や、上杉謙信をしても 落ちなかった、この城は 南は相模湾 西は、箱根の山山 難攻不落のお城でしたが 1590年 豊臣秀吉軍、徳川家康軍により落城し 小田原攻めで 功績のあった、大久保忠世が城主になり 早雲から続いた(約100年)北条家は滅亡したそうです。
当時は、早雲、氏綱、三代氏康らが、関東一円に触手を伸ばし 四代氏政、氏直が全関東を 支配するに至りました。
小田原城が、重要視されたのは 江戸に入封された家康は、ここで、大阪の兵力を、箱根と、この城で食い止める、重要な位置にあったと推測できます。
明治3年、廃城となり 小田原、足柄 県庁支所となりましたが 関東大震災で、甚大な被害を出し 江戸時代の姿は 完全に消え去りました。昭和35年、大望の天守閣が復元され市民の憩いの場所に なっています。小田原城と、北条早雲 フレンズ 小林

2018年06月26日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) サザエさんの家庭事情

庶民の代表の様な磯野家、九州福岡から 東京に引っ越したのが昭和21年、東京、世田谷に居を構えましたが、貸家でした。大家さんと波平が 家賃の事で喧嘩していますので借りていたことが解ります。住所は、ワカメが迷子になり、交番のおまわりさんに 世田谷区新町三の51番地と言っています。しかしサザエさんは 友人に 世田谷区新町三丁目515番地、フグタです(第5巻)と言っていますので、その頃は磯野家とは別居していた様です。
所が、第61巻から、ダイニングを新しくしたり、食事をテーブルで食べる様に 改築しているので、波平はこの土地建物を 買い取ったと思われます。(第65巻)で (先先、ここを売って、郊外に住もう)と家族に話しています。その頃の景気が 万博の影響もあり、良くなったので、収入も増え、磯野家も 金銭的に楽になったようです。
波平の 給料ですが、昭和42年、54才ですので一般的なサラリーマンで、7万円位だと思います。マスオさんは 33才ですので 4万5千円位だと思います。当時は二人の給料で 暮らしていたようです。サザエさんもその頃 近所にアルバイトをしたようですが、長続き出ず、収入は当てにできて居ますん。
ただ、裕福ではない様で 電位製品を買うにも、ボーナスがいくらもらえるか、マスオさんにいつも 聞いていたようです。また、二家族がいつ同居したかは 解りませんでした。
でみ、いつも笑いが絶えない素敵な家族です。フレンズ小林
東京サザエさん学会、発行の本参照

2018年06月23日 (投稿者: 株式会社フレンズ )

夏は夜、月の頃はさらなり、闇もなお、ホタル飛びちがえる。清少納言の時代から 日本人は夏の風物詩として 蛍を話題にしてきました。世界には 2000種類の蛍がいるそうですが 日本には20~30種類だそうです。
ほーほーホタル来い、こっちの水は甘いぞ。などと歌われていますが、最近は めっきり見なくなりました。農薬や、側溝の整備で 激減したと思わらます。餌になる、カワニナまでも 少なくなっていますので、ホタルにとっては 嫌な世の中になったと 嘆いているかも知れません。
私達が目にするのは 主に、源氏ホタルと平家ホタルです。
源氏ホタルは、清流を好み 入梅時の 7月いっぱいに活動します。ですから、ホタル合戦などは この時期に集中しています。その後は専ら 平家ホタルでです。平家ホタルは,静水を好みますので(池や、沼)を 8月中旬まで、飛び回っています。交尾が終わり、卵は40日くらいで、幼虫になり、川辺の土の中で 越冬します。5月ごろ蛹になり、約一か月で成虫になり、私達を 喜ばせてくれると言う訳です。
フレンズ小林

2018年06月19日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 忘れてはいけない明治の女傑

(九転十起生)を掲げ、明治を代表する女性実業家【広岡浅子】を忘れてはいけません。京都小石川三井家に生まれ、17才で大阪の豪商 加島屋の広岡信五郎と結婚しました。
20才で明治維新を迎え、その動乱で 家業が傾いた加島屋を救うため 何もわからない実業界で奔走した。
まず、一族と共に 加島屋を立て直し 明治21年、探鉱事業に参画 護身用のピストルを身に着け、鉱夫たちと、寝起きをし 男たちもためらう仕事をこなし、狂人呼ばわりもされたそうです。明治21年【加島銀行】を設立。続いて明に35年には(【大同生命】創業に参加しました。炭鉱夫として働いた時の、坑夫の危険の仕事を、肌で感じたのでしょう。大阪では有力な、財閥に成長していきました。
女性教育にも力を入れ、実家の三井家一族や、加島屋から 援助を受け、1901年(明治34年)目白台に日本女子大学校(現、日本女子大学)設立を導きました。もちろん、夫の広岡信五郎も 創立委員で参画したそうです。
明治37年、夫、信五郎の死去と共に、事業の経営権を全て全て担当者に渡し 以後、女性教育、社会貢献事業に携わっていたそうです。素晴しい明治の女傑でした。
フレンズ小林

2018年06月16日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 秀吉最後の大戦は小田原城攻めでした。

豊臣秀吉最後の戦い、小田原城を包囲する目的で造った城 石垣山城のお話です。1590年西の 毛利氏を治め、東の小田原征伐の時 小田原城より 3Km離れ、見晴らしのいい 笠懸山に 一夜にして造ったと 言われているのが�、石垣山城です。
一夜城とも、太閤の一夜城とも 言われています。実際には4万人の人足と 80日かかったとも 言われています。
下から解らない様に 山の頂上を造成し、石垣を築いてから周りの木を切ったので北条方は アッと驚き戦意を失ったともいわれています。
秀吉は、水、陸合わせて15万の兵で 小田原城を包囲し 兵糧攻めに 掛かりましたが、北条方は和睦か、戦うかで迷い(小田原評定)ついに全面降伏しました。
規模は相当大きく、肥前(九州)の名護屋城に似ているので
縄張りは、黒田如水が 石積は 近江の 穴太衆が造ったとも伝えられています。野面積みの 頑固なもので、長期戦に備えたものです。この城には 戦いのさなか秀吉は、淀君や、千利休をよび、茶会などして、戦況を見守っていたそうです。
現在、新日本百名城に指定されています(日本城郭協会指定)
フレンズ小林

2018年06月15日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 5億年まえの生物が頑張って生きてます。

シャミセン貝や シーラカンスなど 海の中で 何千万年、何億年も 昔の姿の儘で生き続けた(生きた化石)と言われる古代生物がいますね。日本近海でも、オキナエビスや、古生代に 大繁栄した ウミユリの子孫などは、生きた化石です。潮黒に乘って南の海から はるばる流れて来た�、オキナエビスも、生きている化石の代表です。五億年も昔から ほそぼそ生きてきました。オーム貝は、貝と呼ばれていますが、イカや、タコの仲間です。フィージーからフィリピン、パラオ付近の熱帯で、水深500m位のところで ひっそりと暮らしているそうです。その南太平洋の 深海にしかいないオウムガイが、なぜ、日本に貝殻が打打ち上げられるのでしょうか。オウムガイの貝殻は、30近い小部屋で仕切られ、各部屋には 窒素ガスが充満しています。その部屋は 細管でつながれ、浮力のコントロールが出来る仕組みに なって居るのです。数十気圧の海底から一気圧の浅瀬まで、苦も無く上下します。ちなみに
マッコウくじらや、シーラカンスは 特別な脂肪が詰まっていて、耐圧用浮力調整をしています。オウムガイが死ぬと 体の中の ガスだけが残り、黒潮に乗り 北上するそうです。 そこでは生活できないが、形が残って居る個体を  無効分散と言うそうです。でも、殻だけが、数千キロ離れた 日本に流れ着くなんて、奇跡であり、夢が有る、素敵な 話ではないですか。フレンズ小林

2018年06月14日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 故郷の詩は好きですか。

私がフェイスブックを 書いている 右側の窓を開けると 玉諸小学校の 帰りの音楽が聞こえてきます。兎追いしかの山、あの童謡【ふるさと】です。1914年(大正3年)尋常小学校の六年生の 小学唱歌に発表されました。この曲を聞くと早く家に帰りたくなります。

兎追いし、かの山 小鮒釣りし かの川。
夢は、今も廻りて 忘れ難き、ふるさと。
永く作詞、作曲者が解らなかったのですが、昭和四十年ころ作詞は、高野辰之、作曲者は、岡野貞一と、解りました。
都会に お勤めや、勉学で 故郷を出て行って、辛酸辛苦を味わい、一人窓際で 故郷を懐かしむ、そんな歌だと思います。
子供の頃、同級生たちと 山や、川で遊んだ思いでを懐かしむ光景が目に浮かぶようです。
今なお、夢に思い 父や、母は年取ったか、友達は 結婚したのか、平静に 暮らしているだろうか。いろいろあるたびに 思い起こすふるさと。自分に 目標が達成したら、いつの日か 故郷に帰ろう、山は青く、水は清らかな故郷に。そんな歌だと 私は思います。
皆さん、故郷を持っていますよね。思い出したが吉日、故郷へ帰ってみましょう。上、長野県詩碑、左、高野、右岡野両氏。 小林

2018年06月11日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 伊良湖岬が懐かしいです。

名も知らぬ遠き島より
流れ寄るヤシの実一つ
故郷の岸を離れて
汝れはそも波に幾年月

元の木は生いや茂れる
枝はなお影をやなせる。
我もまた渚を枕
ひとり身の浮き寝の旅ぞ。

愛知県渥美半島の突端伊良湖岬に 流れ着いたヤシの実を詠った、島崎藤村の代表作です。(落梅集)
友人の柳田国男が 東京帝国大学2年生の時、約一か月間、伊良湖崎で療養している折り 流れ着いた、ヤシの実を見つけました。遠い南の国から 黒潮に乗って流れ着いた ヤシの実に感動し、日本民族の故郷は 南洋諸島かも知れないと 親友 島崎藤村に話したのが最初でした。
3年後の 明治34年、柳田から聞いた この話を思い出し 自分の境遇とを合わせて 作詞したのがヤシの実でした。
明治30年に発表した 詩集【若菜集】で浪漫派の作詞家として広く知れ渡る様になってた時でした。
これを契機に、長編の、破壊や、夜明け前などの 小説を書き上げたそうです。平成6年ころ、組合の研修会で 伊良湖岬で昼食の折(長谷川理事長)カラオケを歌って2時間帰宅が遅くなった言葉ありました。フレンズ小林

2018年06月09日 (投稿者: 株式会社フレンズ ) 日本一大きかった江戸城

日本最大のお城、江戸城を覗いてみましょう。15世紀 関東騒乱で、江戸氏が没落した後 1457年扇谷上杉の家臣 太田道灌が江戸城を建築しました。中世の頃、道灌の城として 有名になり中城、支城、外城、も完成しました。道灌の死後城は荒れ果て 1590年徳川家康が 入城した時は、土塁と、板葺きの 館らしきものが 有ったそうです。家康は、築城工事にかかり 1603年、征夷大将軍になってからは 江戸幕府の本城として 拡充が次々と進みました。二代将軍秀忠、三代将軍家光と 50年に渡り、完成させたそうです。(元名古屋工業大学教授加藤工学博士著)
江戸城築城の過程を 四つに分ける事が出来ます。
 1)1590年、家康が入城し 道灌が造った城郭の整備、 新たに西の丸の築城。
 2)1603年 征夷大将軍となって、秀吉の築いた大阪城に対抗し、天守閣を設け 豊臣家を、威嚇した。
 3)1617年 大阪夏の陣で勝利し、秀忠は 平和の象徴として、威嚇した 天守を築き直した。
4)1633年 家光は外郭を広げ 全国制覇した城郭にした。
しかし、この史上かって無m城郭の、江戸の大火(明暦の大火)で、ほとんど焼け落ちました。その後、本丸は建てず重要な文化財もあまり残って居ません。伏見やぐらや、大手門など復元したものも かなりあるそうです。
フレンズ小林